80's New Wave Laboratory

80年代のニューウェイヴ音源を中心に、近況やYouTube映像などを交えてレビューを書いています

カウンター

プロフィール

BL Master

Author:BL Master

 当ブログは、現在、ライブドア・ブログで書きためた記事に加筆、訂正の上、お引っ越し中です。

ダブっている記事もございますが、よろしければ『80's UK New Wave』の方にもお越しくださいませ。

歌詞検索

↓ 洋楽の英語詩のみですが、
曲名を入力して歌詞を検索できます。

Lyrics Search Engine

Automatic Translation

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

おすすめBOOKS

Ninja Tools

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Siouxsie & The Banshees/Juju

JujuJuju
Siouxsie and the Banshees

Polydor 1992-08-25
売り上げランキング : 112750
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日紹介するのは、スージー&ザ・バンシーズ [ Siouxsie And The Banshees ] (以降スジバン)の作品の中でも非常に高い評価を受けている1981年発表の4thアルバム『Juju(邦題:呪々)』です。

スジバンは、元々セックス・ピストルズ [ Sex Pistols ] の親衛隊であったスージー・スー [ Siouxsie Sioux ] とスティーヴ・セヴェリン [ Steven Severin ] が中心となり、1976年にロンドンで結成、78年にシングル「Hong Kong Garden(邦題:香港庭園)」でデビューしました。
(注:シングル曲「Hong Kong Garden」は日本盤『The Scream(邦題:香港庭園)』に追加収録されており、輸入盤『The Scream』(1978年)には元々収録されていません。)

一昨年、「Hong Kong Garden」は、ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』に使われたことから、バウ・ワウ・ワウ [ Bow Wow Wow ] の「I Want Candy」などと共に再び注目を集めたのはまだ記憶に新しいですね。

「Hong Kong Garden」のプロモ映像
映画『マリー・アントワネット』で「Hong Kong Garden」が使われたシーンの映像(サントラはこのバージョンを収録)

スジバンには、なぜかドラマーとしてピストルズのシド・ヴィシャス [ Sid Vicious ] (噂によれば、ベースよりもドラムの方がマシなんだとか…笑)、ギタリストとしては、アダム&ジ・アンツ [ Adam & The Ants ] のマルコ・ピローニ [ Marco Pirroni ] 、マガジン [ Magazine ] のジョン・マクガフ [ John McGeoch ] 、キュアー [ The Cure ] のロバート・スミス [ Robert Smith ] などが在籍したこともあるのですが、スージーとセヴェリン、そして、79年に加入した元スリッツ [ The Slits ] のドラマー、バッジー [ Budgie ] 以外のメンバーは常に流動的で、96年に解散、2002年に一時的に再結成されました。

スージーは現在でも「ゴスの女王」としてカリスマ的な人気を持ち、後発のグループやファンに強く影響を与えています(蛇足ですが、「ゴスの帝王」と呼ばれている元バウハウス [ Bauhaus ] のピーター・マーフィー [ Peter Murphy ] と同じく、本人的には「ゴス」と呼ばれることにどうも抵抗があるようです)。

ちなみに、ウィキによれば、スージー・スーという名前は、本名のスーザンの愛称であるスージー及びスーを、インディアンのスー族(Sioux)の綴りにしたものだそうで、グループ名のバンシーズは、アイルランドおよびスコットランド地方で家人の死を予告すると言われる女の妖精バンシーに由来するとのこと。
また、セヴェリンは、マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』の主人公の名前だそうで、こちらも本名ではないようです。

なお、スージーとバッジーは91年に結婚していますが、噂によれば昨年離婚しているのだとか。


本作『Juju』はスジバンの第1期と呼ばれる時期の最後の作品で、この直後『Once Upon a Time: The Singles』というベスト盤を発表することで一応の区切りを付け、スージーとバッジーは2人でクリーチャーズ [ The Creatures ] という別ユニットを結成、翌82年発表の次作『A Kiss in the Dreamhouse』以降を形式的に第2期と呼んでいます(第2期以降のベストは『Twice Upon a Time: The Singles』として発表されています)。

第1期と第2期の違いを、わかりやすく簡単に説明するなら第1期が「パンク」、第2期が「ゴス」ということになるのですが、発表順に聴いていくと、本作に至るまでに、徐々に、パンクの典型とも言えるノイジーなギター・サウンドが控えめになり、代わりに、民族的なノリを感じさせるバッジー独特のドラムや、変幻自在のジョン・マクガフのギターなどが表面化して来ています。

決して、本作と次作の間で急激な変化を迎えたわけではありません。

この変化に関して言えば、特にマクガフのギターの貢献度は大きく、出音的な意味で、彼がパンク出身のスジバンを唯一無二な個性を持つ存在にまで育てたと言っても過言ではないように思います。

前作『Kaleidoscope』(1980)では、ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ [ Steve Jones ] と共に、ゲスト・ギタリストとして参加していたマクガフが、本作で正式メンバーとして迎え入れられたのも頷ける気がします。

もちろん、作曲技術的の向上も感じられるのですが、これらのスジバン独特のゴスっぽい音が徐々に固まって行く様は、今になってあらためて聴くと非常に面白いところですね。

第2期の一作目となる『A Kiss in the Dreamhouse』で明らかな変化があるとすれば、ホラー映画のサントラさながらのストリングス(キュアーにアイデアを盗まれたというあの音ですね…笑)が加わったことと、奥行きを感じさせる空間的な処理が挙げられるのですが、メンツ的には『Juju』と『A Kiss In The Dreamhouse』とはほぼ同じで、ストリングス以外は音的なつながりも感じるため、本作『Juju』は第2期の始まりを予告する序章的な作品と捉えることもできるでしょう。

言わば、最もスジバンらしい(=ゴスっぽい)アルバムというわけですね。
ファンの間で最高傑作と呼ばれているのも頷ける気がします。

先述のベスト盤『Once Upon a Time: The Singles』にも収録された「Spellbound」や「Arabian Knights」などは、まさしくスジバンの絶頂期を象徴する曲で、クリーチャーズにつながるバッジーの民族的なドラムと、不安感を高めるマクガフのギター、セヴェリンの重たく地を這うようなベース、そして、スージーの呪術的なボーカルがバランス良く同居しています。

しかし、シングル曲だけでは本作のすばらしさをご理解いただけません。

タイトルからして不気味な「Voodoo Dolly」やスージーの切れ方がすばらしい「Head Cut」、マクガフのギターが幻想的な「Into The Light」、スピード感のある「Halloween」など、アルバムを通して聴くと、静と動のコントラストが見事で、1枚の作品として完成されていることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

「Spellbound」のPV
「Arabian Knights」のPV

「Spellbound~Arabian Knights」のライヴ映像
「Halloween」のライヴ映像
「Night Shift」のライヴ映像
「Sin in My Heart 」のライヴ映像
「Head Cut」のライヴ映像
「Voodoo Dolly」のライヴ映像
(ライヴ映像はすべて1981年のもの)

なお、マクガフは次作『A Kiss in the Dreamhouse』を最後にスジバンを脱退、その後は、ギタリストの座をキュアーのロバート・スミスにバトンタッチしています。

しかし、ルックス的なインパクトでは勝るものの(笑)、音的にはマクガフを越えることはできなかったような気がします。

マクガフのギターは、マガジン時代やヴィサージ [ Visage ] の1stアルバム『Visage』、また、スジバン以降ではピーター・マーフィーの1stソロ『Should the World Fail to Fall Apart』やP.I.L.の『Happy?』などでも聴くことができますが、個人的には、スジバンでのプレイが最も気に入っています。

残念ながら2004年に帰らぬ人となってしまいましたが、もっともっと評価されるべきギタリストだったのではないでしょうか。


もし、ベスト盤以外でスジバンのアルバムを1枚だけ選べと言われれば、私は、本作『Juju』を選ぶでしょう。
スジバンの絶頂期と感じているマクガフ在籍時の作品の中で、最も完成度の高いアルバムですからね。

未聴の方は、アマゾンか上のYouTube映像でとりあえず試聴してみて下さい。
恐らく、ファンの方が最高傑作と呼ぶ意味がおわかりいただけると思いますよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uk80.blog51.fc2.com/tb.php/12-d7eeee76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 80's New Wave Laboratory.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。