80's New Wave Laboratory

80年代のニューウェイヴ音源を中心に、近況やYouTube映像などを交えてレビューを書いています

カウンター

プロフィール

BL Master

Author:BL Master

 当ブログは、現在、ライブドア・ブログで書きためた記事に加筆、訂正の上、お引っ越し中です。

ダブっている記事もございますが、よろしければ『80's UK New Wave』の方にもお越しくださいませ。

歌詞検索

↓ 洋楽の英語詩のみですが、
曲名を入力して歌詞を検索できます。

Lyrics Search Engine

Automatic Translation

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

おすすめBOOKS

Ninja Tools

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

One World One Voice

One World, One VoiceOne World, One Voice
Various Artists

Virgin 1990-06-01
売り上げランキング : 351407
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日紹介する『One World One Voice(邦題:ワン・ワールド・ワン・ヴォイス)』は、10ccやゴドレイ&クレーム [ Godley & Creme ] のメンバーとして知られるケヴィン・ゴドレイ [ Kevin Godley ] の提唱、ルパート・ハイン [ Rupert Hine ] のプロデュースで、なんと総勢292名のミュージシャンと英国BBCを始めとする世界20カ国の放送局の協力によって制作された1990年発表の凄まじい規模の企画ものアルバム。

本作のテーマは「世界は一つ」。
ちょうど、本作が発表される前年1989年11月にベルリンの壁が崩れ去るという歴史的な出来事があっただけに、戦争や国と国のもめ事、人種差別はやめましょうというメッセージを音楽で伝えるというコンセプトだったのでしょうが、発表から20年ほど経った今引っぱり出して聴き込んでいると、最近の地球温暖化の問題までも考えさせられてしまいます。
う~ん、なんと深いメッセージなんでしょう。

ま、この話題について書き出すとキリがないので、早速、CDのレビューに移させていただくことにします。


まず、本作に収録されている曲は、なんと52分47秒の曲がたった1曲だけ。

つまり、CDの利点の一つである曲飛ばしができないため、聴きたいアーチストのパートがある場合、早送りで対応しなくてはならないわけですね(笑)。

私のようにロックやポップスの音源の操作に慣れている者にとっては何ともじゃまくさい話ですが、たまにはこういった壮大なスケールの作品をじっくりと聴く時間を作るのも良いものです。


さて、本作の基本コンセプトは「世界は一つ」ということですので、聴感上はこの1曲の中でミュージシャンが入れ替わり立ち代わりノンストップでセッションするという作りになっています。

ただ、292名もの著名ミュージシャンを実際に一カ所に集めて録音するなんてことは限りなく不可能に近いわけで、仮に出来たとしてもスケジュール調整だけでかなりの時間を費やすことになるでしょう。

また、各アーチストが一曲づつ持ち寄った楽曲をオムニバス形式でまとめたコンセプト・アルバムなどというのもよくあるパターンですが、これでは一曲ごとに仕切りが出来てしまい、「世界は一つ」というメッセージを伝えるには非力な気がします。

そこでケヴィンが考えたのが、リレー形式でテープをバトンしていき、それぞれの国のスタジオでパートごとにレコーディング、そうして完成した数本のマスターテープを編集して1曲でCD1枚の作品に仕上げるというもの。

なるほど、この方法ならメッセージを伝える意味でもインパクトがありますし、スケジュール的にも制作費的にも現実味があります。

しかし、この方法とて簡単ではありません。

日本盤のライナーによれば、全てのスタジオのレコーディングにはケヴィンとルパートが立ち会ったそうで、期間で言えば、1990年2月28日のニューヨークから4月28日のレニングラードまでまるまる2ヶ月間、この間に2人が旅した距離は 44,964マイル、世界26カ所のレコーディング・スタジオで、合計10,758フィートものテープを使用したのだとか。

もちろん、ジャンルは様々ですし、レコーディング環境も均一ではなかったでしょうから、この後、これだけの量のテープをスタジオで編集、加工して1曲にまとめるのはさぞかし骨の折れる作業だったことでしょう。

途中、数カ所でクロスフェード(フェードインとフェードアウトが重なり合う状態)で繋いでいる部分もあるのですが、決して安易に曲と曲を繋いでいるわけではなく、自然な流れの中で穏やかに曲調が変化してゆくように計算された編集のように聴こえます。

もちろん、テープ編集の際にやむなくクロスフェードという手法をとったのでしょうが、それを逆手に取って、長い1曲の中でのメリハリをつけるためのブレイクのような役割を持たせたのかも知れません。

しかし、全体的に見れば、こういった技法で繋いである部分は最小限に抑えられており、大半はゴドレイ&クレームのシングル「Cry」のプロモ・ビデオの顔のモーフィング映像のように曲調が変化してゆくのです。

ある意味、映画「エクソシスト」のテーマとして有名なマイク・オールドフィールド [ Mike Oldfield ] の『Tubular Bells』のような作りと言えなくもないのですが、これだけ多くのミュージシャンの個性がコラージュされた作品は他にはないでしょう。

実際にお聴きになれば、この面白さがおわかりいただけると思います。


ところで、本作は、これだけ長尺の曲が1曲だけですので、イメージ的にプログレや現代音楽のような小難しい印象を持たれる方がおられると思うのですが、基本的にはわかりやすく聴きやすいポップスの集合体です。

テーマや参加アーチストの顔ぶれをみてもわかるように、いわゆるワールド・ミュージック的な要素を多分に含んではいますが、パーツごとをクローズアップしてみると、ジャズやクラシック、プログレなど、どちらかと言えば難解なイメージを持たれがちなパーツの他に、ロックンロール、レゲエ、ネオアコなどのいわゆるポップス・フォーマットの聴きやすいサウンドも多く、さらっと流して聴けばDJがバラバラのジャンルの曲をうまくノンストップで繋いだアルバムのような印象を持たれると思います。

さらにじっくり聴けば、それぞれのパーツで様々なジャンルが交錯し合い、それらがカラフルな帯を紡ぐかのように入れ替わってゆくのを楽しんでいただけることでしょう。

残念ながら、私のよく知っているミュージシャンばかりではないため、どこでどのミュージシャンが何をしているのかを正確に解説することができないのですが、日本盤のライナーノーツにその辺りのことが詳しく書かれておりましたので、文章をそのまま一言一句変えることなく引用させていただきます(下線が入っているアーチスト名をクリックすると、以前書いた当ブログの関連記事に飛べます)。


--------以下 日本盤ライナーノーツより引用--------
「レコーディング自体はスティングによるベーシック・トラックの作曲と録音から始まったが(このベース・ラインをもとにミュージシャンはソロをとったり、ハーモニーを付けたり、もちろんアレンジして展開させていく)、アルバムはケヴィン・ゴドレイのメッセージで重々しく幕を開ける。「僕らは知っている。すべての物はつながっている。家族を結びつける”血”のように…」。最初のアコースティック・ギターはエグルト・ギスモンティ、ソプラノ・サックスはウェイン・ショーター(?)、ピアノ線をはじくのが坂本龍一、そしてリンガラ風リズムにのってテーマを奏でるのがレミー・オンガラとスーパー・マティミラ、続いてスティング、ドレッド、チャズ・リッチ、RMR、アフリカ・バンバータ、スティーヴ・スティーヴンス、ザ・フィクスのセッションがしばらく続く。途中でフィーチュアされるのはサックスのコートーニー・パイン、ニュー・ヴォイセス・オブ・フリーダムである。これもニューヨーク録音。エルメット・バスコアールのキーボード、S・スティーヴンスのアコースティック・ギター、ラップ・パート、そしてニューヨークのスタジオ・セッションが続く。ブレイク後、ヘルシンキ・レコーディングによるジプシー・キングス。おなじみのサウンドだが、途中でヌスラット・ファテ・アリ・ハーンがソロをとる(!)。ジプシー・キングスをバックにしたヌスラットの歌。他では聞けない。ブレイクのあと、LAからNATIVE LAND/THEMBALA-ZULU GROUP、A GROUP OF BEACH HIPPIES、A ONE MAN BANDの演奏、ローリー・アンダーソンも一瞬フィーチュアされる。そしてリオからサンバのパート。ア・ヴェラ・グアルダ・ダ・ボルテーラ、クララ・ソンドローニ、そしてサンバ・スクールの学生たち(?)が登場。一転してピーター・ガブルエルとジェフリー・オリヤマ、ミルトン・ナシメント、ウェイン、坂本、ギスモンティ、リトル・スティーヴン、スチュワート・コープランドらが登場する。ONE WORLD ONE VOICE,ONE HEART ONE TRIBE,ONE SOULとコーラスには世界中の街角のひとたちが参加。前半のヤマである。さらに、デイヴ・ステュアートとスピリチュアル・カウボーイズ、シェイクスピア・シスターズをフィーチュアしてLAのヒンズー・テンプルから展開。とにかくいろんなトラックがミックスされていて、書いていくとキリがないほど。一転してブラック・ウフルのレゲエ・パート。ギター・ソロはS・スティーヴンス、次第にレゲエとリンガラがクロスする。レミー・オンガラの強力なアジテイション、ヌスラットの叫びのような歌。いやはや驚くべき内容である。
 後半ではクラナド、スザンヌ・ヴェガ、ローリー・アンダーソン、マリア・マッキー、ジョニー・クレッグ、そしてミルトン・ナシメント、いまピーター・ガブリエルが一番気に入っているというジェフリー・オリヤマのすみきった歌声、ルー・リード、サリフ・ケイタ(美しい!)、そしてジョニー・クレッグのライヴ(このためにまるまる一曲作ったのだろうか?)、ハワード・ジョーンズ、ホッサム・ラムゼイ。鼓童などがフィーチュアされ(聞き落としがあるかもしれない)、いよいよフィナーレを飾るのはレニングラード・シンフォニー・オーケストラである。
 いくらテープをリレーしながらとはいえ、驚くべきこの編集力。トータル60分ちかく。ちゃんと起承転結があり、あらかじめ計算されていたようにも思えてしまう。」


以上のようにライナーでは解説されていたのですが、CDの裏ジャケットを見ると、チーフタンズ [ The Chieftains ] 、テレンス・トレント・ダービー [ Terence Trent D'Arby ] (=現・サナンダ・マイトレイヤ [ Sananda Maitreya ] )、ボブ・ゲルドフ [ Bob Geldof ] 、デイヴ・ギルモア [ David Gilmour ] 、エディ・グラント [ Eddy Grant ] 、クリッシー・ハインド [ Chrissie Hynde ] 、ペンギン・カフェ・オーケストラ [ Penguin Cafe Orchestra ] 、ロビー・ロバートソン [ Robbie Robertson ] 、ジョー・ストラマー [ Joe Strummer ] などの名前もクレジットされており、注意深く聴けば、それぞれのミュージシャンの個性的なプレイも確認できると思います。 

なお、YouTubeにアップされたフルサイズの『One World One Voice』のビデオ映像を発見しました。
12分割されていて、全てを見ると1時間ほどかかってしまうのですが、各アーチストの出演箇所がはっきりわかりますので、興味を持たれた方はお時間のある時にご覧ください。
かなり見応えがあると思いますよ。

 ↓(クリックでYouTube映像に飛びます)

One World One Voice part 1/12
One World One Voice part 2/12
One World One Voice part 3/12
One World One Voice part 4/12
One World One Voice part 5/12
One World One Voice part 6/12
One World One Voice part 7/12
One World One Voice part 8/12
One World One Voice part 9/12
One World One Voice part 10/12
One World One Voice part 11/12
One World One Voice part 12/12

ちなみに、上の映像とメイキング映像を収録したVHSビデオもアマゾンで販売していましたのであわせて紹介しておきます。
 ↓
One World One Voice [VHS] [Import]


さて、普通、このようなテーマの作品を大勢のアーチストで制作する時は、バンドエイドの『Do They Know It's Christmas』やN.M.L.『ZERO LANDMINE』のようにチャリティ形式をとることが多いように思うのですが、本作には売り上げを寄付するような意味の記述は一切ありません。

つまり、チャリティで集められたお金によって世界を救うわけではなく、音楽そのものによって一人一人の意識に「世界は一つ」であることを訴えかけているわけですね。

とはいえ、チャリティを否定しているわけではありません。

チャリティ・アルバムは確かに有意義なものだと思いますが、もし、世界中の人々全てが本当に「世界は一つ」という認識を持つことができれば、募金やチャリティといった呼びかけすら必要なくなるのかも知れません。

う~ん、深いテーマです。


スポンサーサイト

The Jazz Defektors/The Jazz Defektors

ザ・ジャズ・ディフェクターズザ・ジャズ・ディフェクターズ
ジャズ・ディフェクターズ

ディスク・ユニオン 2006-05-26
売り上げランキング : 88257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日紹介するのは1987年発表のジャズ・ディフェクターズ [ The Jazz Defektors ] 唯一のフル・アルバム『The Jazz Defektors』です。

彼らはたった1枚のアルバムしか残しておらず、また、音源の権利の問題でしばらく再発売されることもなかったため、本作はしばらく知る人ぞ知るレアなコレクターズ・アイテムと化していたのですが、ようやく一昨年、別バージョンが一曲追加され、新たにリマスタリングが施されたリイシュー盤が発売されました。

個人的には、レアな初回盤を持っていることがちょっとした自慢だっただけに複雑な心境ですが、おかげで本作を紹介する機会を得たわけですから良しとしましょう(笑)。

本作は、ジャズ系のニューウェイヴというより、サンバ、マンボ、スウィングなどの要素を巧みに取り込んだ「踊れるニュー・ジャズ」と言った方がしっくりくるのかも知れません。
「踊れる」ということに焦点を絞っているものの、当時チャートをにぎわしていたポップスのようなディスコライクなリズムではありませんし、シンセサイザーやシモンズなどの電子楽器も生楽器の代用品程度にしか使っていませんからね。

しかし、これが実にかっこいいんです。
いや、シブいと言った方がいいのでしょうか。

とにかく通ウケのするサウンドで、今聴いても全く古くささがありません。

黒人が歌っているのにも関わらずアメリカっぽい黒さを感じませんし、ベースがジャズだというのにテクニック志向のいやらしさも感じません。

言ってみれば、ジャズとポップスを絶妙なバランスで配合し、(一周まわって新しい)踊れるアレンジを施した大人向けのシブいサウンドなんですよね。

本作のミキシングを担当しているのは、なんとスタイル・カウンシル [ The Style Council ] のポール・ウェラー [ Paul Weller ] とミック・タルボット [ Mick Talbot ] 。
噂によれば、2人はかなり深い所まで関与したそうなので、実質スタイル・カウンシルのプロデュース作品と言っても過言ではないんだとか。
いや~、さすがです。

須永辰緒氏が「アシッド・ジャズ前夜に突如現れたモンスター・アルバム」と大絶賛したのもうなずけます。


さて、ここで彼らのプロフィールを紹介するとしましょう。

時は1970年代の半ば、マンチェスターのクラブ「ラフターズ」では毎週15分間だけジャズのレコードを回すトーナメントの時間があったそうです。
もちろん、この当時にアシッド・ジャズなどのクラブ系ジャズはまだ存在しませんから、リー・モーガンやアート・ブレイキーあたりのいわゆる本物のジャズ(笑)で20歳にもならない若者が踊っていたわけですね。

この15分間のジャズ・トーナメントは噂を呼び、いつしか90分に拡大。
このことがきっかけで、若いDJたちは、50年代、60年代にまでさかのぼってジャズを研究するようになり、同時にダンサーたちもお気に入りの曲に合わせた思い思いのスタイルでステップが踏めるようになったそうです。

後にジャズ・ディフェクターズを結成する”スワプス”ことマーク・スワビー [ Mark Paul Swaby ] 、”PC”ことポール・カミングス [ Paul Cummings ] 、”ソルツ”ことアンドリュー・アンダーソン [ Andrew Anderson ] 、”ウィルキンス”ことバリントン・ウィルクス [ Barrington Wilks ] の4人は、そんな中で多感な時期を過ごし、DJたちと共にジャズのリズムを、そしてジャズのステップを学んでいます。

しかし、80年代に入ると新しいディスコ・サウンドが全盛となり、ジャズ好きな若者たちは「フィーヴァーズ」というクラブに場所を移して、火曜日の夜に集まるようになったんだとか。

そこへ現れたのが白人ファンク・グループ、ア・サーティン・レシオ [ A Certain Ratio ] の面々。
彼らは、「フィーヴァーズ」でたまたま目にしたジャズ・ディフェクターズのダンスを気に入り、ロンドンのゲイ・クラブ「ヘヴン」でのライヴに出演の際、一緒に出演してくれないかと誘ったのです。

このライヴの出演がきっかけで、その後、スペシャルズ [ The Specials ] の「What I Like Most About You Is Your Girlfriend」などのプロモーション・ビデオの仕事が彼らの元に舞い込むようになり、徐々に知名度を上げていきます。

The Specials「What I Like Most About You Is Your Girlfriend」のPV

しかし、ここまでのジャズ・ディフェクターズはあくまでもダンス・グループ。

彼らはこの後、サーティン・レシオから分家したカリーマ [ Kalima ] のライヴでダンサーとしてだけでなく、バック・コーラスをも努めることになったのです。

さらに、たまたまこのライヴを観に来ていたのが、セックス・ピストルズ [ Sex Pistols ] の映画『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』で知られる監督ジュリアン・テンプル [ Julien Temple ] 。
このステージを観てジャズ・ディフェクターズを気に入ったジュリアンは、当時製作に取りかかっていたコリン・マッキネスの50年代の小説『Absolute Beginners(邦題:ビギナーズ)』の映画化に際して彼らの起用を決定。

ちなみに『ビギナーズ』はデヴィッド・ボウイ [ David Bowie ] シャーデー [ Sade ] 、キンクス [ Kinks ] のレイ・デイヴィス [ Ray Davies ] 、エイス・ワンダー [ Eighth Wonder ] のパッツィ・ケンジット [ Patsy Kensit ] などが出演した当時としては珍しいミュージカル映画で、それまでじわじわと盛り上がりかけていたジャズ・ブームを一気にメジャーなものへ持ち上げた立役者的存在です。

『ビギナーズ』のサントラはこちら→『Absolute Beginners
(注:サントラにジャズ・ディフェクターズの曲は収録されていません)

映画の中でジャズ・ディフェクターズは、脇役のダンサー役での出演だったのですが、少ない登場シーンでその実力と存在感を見せつけ、86年に『ビギナーズ』のプロモーションのために来日、そのついでに渋谷のクラブでダンス・ショーに出演し、流行に敏感な若者たちに大好評を得ています。

その後、ダンス・グループとしての活動に限界を感じ始め、バンドを組むというアイデアを温めていた時に舞い込んだ仕事が、シャーデーのツアーのサポート(いわゆる前座、もしくはオープニング・アクトですね)。

早速、4人は楽器の演奏が出来る友人たちを集め、オリジナルを4曲作成、10人編成のバンドとしてステージに立ったのです。

実はこのステージ、ツアーに同行したわけではなく、ツアー初日のマンチェスター公演のみの出演だったらしいのですが、それでも彼らにとっては大きな一歩だったことでしょう。

翌年には「JD'S Club Circuit in Japan '87」と題したツアーで本作を引っさげて再び来日を果たし、札幌、大阪、名古屋、東京の四都市で堂々たるステージ・パフォーマンスを見せてくれました。

↓ 1987/10/20 INK STICK芝浦FACTORY LIVEの映像
「Life(Part2)/Invisible You」のライヴ映像
「Ooh! This Feeling」のライヴ映像
「Another Star」のライヴ映像

余談ですが、私の実姉は、この時の大阪公演を観に行っておりまして、セピア・トーンでまとめられた、まるでどこかのファッションブランドのカタログのようなツアーパンフレットが、なぜか今、私の手元にあります(笑)。
外タレとしては比較的小さなハコをまわるツアーのはずなんですが、意外にしっかりしたパンフレットが制作されていたことに今更ながら驚いてしまいます。
ま、これもバブルの産物なのかも知れませんね(笑)。


しかし、この後、彼らは方向性の違いから2つに分裂し、共に活動場所を失ってしまいます。

残念ながら、これ以降の彼らの足取りはつかめていませんが、唯一、ドラムのマイク・ローレンス [ Mike Lawrence ] に関しては下記のスウィング・アウト・シスター [ Swing Out Sister ] のビデオ・クリップで発見することが出来ました。

Swing Out Sister「La La (Means I Love You)」のPV

もう少し10人編成で頑張っていれば間違いなく大スターになっていたはずでしょうにもったいない話です。

とはいえ、本作のような名盤が今になってリイシューされたのは嬉しいことです。

彼等のファンだった方はもちろんのこと、スタイル・カウンシルシャーデートーマス・ラング、そして、リー・モーガンやアート・ブレイキーあたりがお好きな方には超おすすめです。

いや~、とにかくカッコいいです。
興味を持たれた方はぜひ手に入れて下さい。
後悔はさせませんよ。


 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 80's New Wave Laboratory.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。