80's New Wave Laboratory

80年代のニューウェイヴ音源を中心に、近況やYouTube映像などを交えてレビューを書いています

カウンター

プロフィール

BL Master

Author:BL Master

 当ブログは、現在、ライブドア・ブログで書きためた記事に加筆、訂正の上、お引っ越し中です。

ダブっている記事もございますが、よろしければ『80's UK New Wave』の方にもお越しくださいませ。

歌詞検索

↓ 洋楽の英語詩のみですが、
曲名を入力して歌詞を検索できます。

Lyrics Search Engine

Automatic Translation

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

おすすめBOOKS

Ninja Tools

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ultravox/Vienna

ViennaVienna
Ultravox

Toshiba 2008-08-04
売り上げランキング : 67471
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日紹介するのは、1980年発表のウルトラヴォックス [ Ultravox ] の4thアルバム『Vienna(邦題:ヴィエナ)』。

本作のメンバーは、前身となったタイガー・リリー [ Tiger Lily ] 時代からのメンバーであるウォーレン・カン [ Warren Cann ] (D)、クリス・クロス [ Criss Cross ] (B) 、ウルトラヴォックスの結成時からのメンバー、ビリー・カーリー [ Billy Currie ] (Key,Violin)、そして、ジョン・フォックス [ John Foxx ] に代わって新たに参加したミッジ・ユーロ [ Midge Ure ] (Vo,G,Syn)の4人。

前作『 Systems Of Romance』の発表後、フロントマンであったジョン・フォックスが脱退したため、一時的に活動休止状態となっていたウルトラヴォックスですが、スティーヴ・ストレンジ [ Steve Starange ] のプロジェクト=ヴィサージ [ Visage ] にビリー・カーリーが参加、そこで出会ったミッジ・ユーロと意気投合したことがきっかけとなり、この第2期ウルトラヴォックスの構想が練られることになったようです。

ミッジ・ユーロのそれまでの経歴は 80's UK New Wave『if i was : the very best of midge ure & ultlavox』のところで詳しく書かせていただいたのですが、ここでも簡単に紹介しておきますと、21歳の頃にスリック [ Slik ] というハード・ロック系のバンドでデビュー、翌年にはマルコム・マクラレン [ Malcolm Mclaren ] からセックス・ピストルズ [ Sex Pistols ] のギターとしてお誘いを受けるも、あっさり拒否したのだとか(笑)。

スリックというバンドは、この後、なぜかベイ・シティ・ローラーズを手がけたプロデューサーの手によってアイドル系バンドへと変貌を遂げ、全英チャート1位を獲得しています。

スリックの頃のライヴ映像

とはいえ、アイドル路線での活動には不満を感じていたのでしょう、同じスリックのメンバーでPVC2というパンク系バンドへとシフトしようと試みますが、元ピストルズのグレン・マトロックの誘いでリッチ・キッズ [ Rich Kids ] のボーカルに就任、しかし、方向性の違いからほどなく解散への道を辿ります。

リッチ・キッズの頃のライヴ映像

その後、ゲイリー・ムーアの代打としてシン・リジィというハード・ロック・バンドのツアーや、同じくシン・リジィのフロントマン、フィル・リノットのソロ・アルバムに参加するなどジャンル不問の活動を展開しながら(笑)、リッチ・キッズ時代の盟友ラスティー・イーガンからの誘いで、当時ニューウェイヴ系のクラブでDJやオーガナイザーとして人気を集めていたスティーヴ・ストレンジを中心とするプロジェクト・グループ=ヴィサージに参加。

このプロジェクトでビリー・カーリーと意気投合したことから第2期ウルトラヴォックスが始動、ヴィサージと並行して制作したのが本作『Vienna』なのです。

本作は『Systems Of Romance』でほぼ完成されたニュー・ロマンティックの原点とも言えるヨーロピアン・テイストたっぷりの耽美的ニューウェイヴ・サウンドを継承しつつ、ミッジ・ユーロの持つポップなセンスを前面に出し大成功、全英アルバム・チャート3位まで駆け上がり、一躍メジャー・バンドへと成長を遂げました。

なお、本作からシングル・カットされたのは、発表順に「Sleepwalk」「Passig Strangers」「Vienna」「At Stood Still」「New Europeans」の5枚。

中でも「Vienna」は全英チャート2位となる大ヒットを記録しているのですが、日本ではイマイチ、逆に、日本では、サントリーのCM(「角瓶」だったかな?)に「New Europeans」使われたことから大ヒットとなるものの、本国ではイマイチという不思議な現象が起きています。

「Sleepwalk」のPV
「Passing Strangers」のPV
「Vienna」のPV
「New Europeans」のPV

「Sleepwalk」のライヴ映像
「Passing Stranger」のライヴ映像
「Vienna」のライヴ映像
「All Stood Still」のライヴ映像
「New Europeans」のライヴ映像

ちなみに、本作のプロデュースは前作『Systems Of Romance』同様、コニー・プランク [ Conny Plank ] 。
メンバー・チェンジが行われ、より電子楽器の音を前面に出した作りになってはいますが、恐らく、前作と同じような方法論の下で制作されているのでしょうね。

ポルタメントの効いた印象的なリード・シンセと浮遊感のあるシンセサイザー、コンプレッサーの効いた生ドラムなどはそのままに、ミッジ・ユーロの音域が広く音程の安定したボーカルとエッジの効いたギターが加わることで、よりいっそうの進化を遂げています。

ひょっとすると、ミッジの経歴から読み取ることの出来るハード・ロック的なセンスが、ウルトラヴォックスの完成された個性にバランスよく配合されたのが良かったのかも知れません。

また、個人的には、インストものが増えていたり、クラシカルな生ピアノやバイオリンが効果的に使われていたりすることから、どこかプログレッシヴなイメージを抱いたことを覚えています。

ある意味、ほぼ同時期に同じメンツが関わって制作された『Visage』は、姉妹作的なサウンドだと言えますが、ウルトラヴォックスにはイロモノ的な要素がなかったのと、流行ものであることが多いダンス・ミュージックに染まらなかった分、硬派なイメージを持たれているのかも知れません。

とはいえ、この2枚のサウンドは、ジョン・フォックス期のウルトラヴォックスが下地になっていることは明らかです。

考えてみれば、70年代後半といえば、イギリスではまだまだパンクが全盛でしたから、ジョン・フォックスのような電子楽器を中心に据えた音作りは早過ぎたのでしょうね。

しかし、その後、パンク・ムーブメントの衰退と共に、ゲイリー・ニューマン [ Gary Numan ] やYMO、ジャパン [ Japan ] などなど、バンド・アンサンブルの中心にシンセサイザーを導入するバンドが続々と登場し、同時に電子楽器も急速な進化を遂げて行きます。

言わば、時代が彼らに追いついたのでしょう。

そう考えると、先駆者であった彼らがこの頃になって注目を集めたのもうなずけます。


いやぁ、それにしても、この頃(79~80年)のミッジ・ユーロの活動は、恐ろしいまでに意欲的です。

シン・リジィのツアーにフィル・リノットのソロアルバムへのゲスト参加、ヴィサージと新生ウルトラヴォックスのシングル、アルバム制作、そしてウルトラヴォックスのツアー、これだけのことをわずか2年で行ったのです。

しかも、この時期に制作されたヴィサージの1stアルバム『Visage』と本作、ウルトラヴォックスの『Vienna』は、ニューウェイヴ史を語る上で決して外すことの出来ない重要な作品です。

人間、忙しいときの方がより効率よく仕事ができると言いますが、この頃のミッジの精力的な活動と結果を見ればそれも納得できますよね。

とにかく、未聴の方は一度は耳を通していただきたい名盤中の名盤です。



スポンサーサイト

ULTRAVOX/Systems Of Romance

Systems of RomanceSystems of Romance
Ultravox

Universal Island 2006-08-29
売り上げランキング : 81463
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日紹介するのはウルトラヴォックス [ ULTRAVOX ] が1978年に発表した3rdアルバム『Systems Of Romance(邦題:システムズ・オブ・ロマンス)』です。

ウルトラヴォックスと言えば、ほとんどの方はミッジ・ユーロ [ Midge Ure ] を思い出されるのではないかと思うのですが、ミッジ・ユーロが在籍したのは、1979年に誕生した第2期ウルトラヴォックスからで、実はミッジが作り上げたグループではありません。

簡単にの歴史を辿ると、最初にウルトラヴォックスというグループ名で活動を開始したのが75年、それまでタイガー・リリィ [ Tiger Lily ] やファイアー・オブ・ロンドン [ Fire Of London ] などのバンド名で活動していたジョン・フォックス [ John Foxx ] (V)、ウォーレン・カン [ Warren Cann ] (D)、クリス・クロス [ Criss Cross ] (B)、スティーヴ・シェアーズ [ Steve Shears ] (G)の4人にビリー・カーリー [ Billy Currie ] (Key,Violin)が新たに加わった時点からスタートしています。

その後、77年にブライアン・イーノ [ Brian Eno ] プロデュースによるデビュー・アルバム『Ultravox!』、続いて同年、スティーヴ・リリー・ホワイト [ Steve Lillywhite ] プロデュースによる2ndアルバム『Ha!-Ha!-Ha!』を発表、パンク全盛の時代に、シンセサイザーを用いた新たな手法のサウンドを提示し、ニューウェイヴ時代の幕開けを予感させました。

とはいえ、この時点ではまだまだパンクに電子楽器を加えた激しめのサウンドが中心で、第2期ウルトラヴォックスやジョン・フォックスのソロに見られる、流れるようなヨーロピアン・エレクトリック・テイストは前面に出ていません(ちなみに、2ndアルバムまではグループ名の最後に [ ! ] が付いていました。笑)。

その翌年、78年に発表されたのが、コニー・プランク [ Conny Plank ] プロデュースによる本作『Systems Of Romance』で、ギタリストがスティーヴ・シェアーズからロビン・サイモン [ Robin Simon ] に代わり、サウンド的にはシンセサイザーを中心に据えた音作りにシフト。

第2期ウルトラヴォックスの特徴でもある、耽美的とも言える独自のヨーロピアン・エレクトリック・サウンドは、この時点でほぼ完成し、ニューウェイヴ・シーンの始まりを告げる革命的な作品の1枚となりました。

TV番組での「Slow Motion」のライヴ映像
「Slow Motion」のライヴ映像
「Quiet Men」のライヴ映像

しかし、時代の先を走りすぎだったのか、商業的な成功には結びつかず、その評価の低さにショックを受けたジョン・フォックスは「もうウルトラヴォックスでボクがやれることは何も残っていない」という言葉を残し、78年の全米ツアー後、脱退してしまいました。


一方、フロントマンを失ったウルトラヴォックスは、一時的に解散状態となったのですが、この頃、ミッジ・ユーロを中心とする新しいプロジェクトにビリー・カーリーが参加、ここで2人は意気投合し、第2期ウルトラヴォックスの構想が練られることになったのです。

ちなみに、この新しいプロジェクトというのは、これまたニューウェイヴの名盤として名高いヴィサージ [ Visage ] の『Visage(邦題:フェイド・トゥ・グレイ)』のことです。

そうして生まれた第2期ウルトラヴォックスは、第1期の最後で完成されたニュー・ロマンティックの原点とも言えるヨーロピアン・テイストたっぷりの耽美的ニューウェイヴ・サウンドを継承しつつ、ミッジ・ユーロの持つポップなセンスを前面に出し大成功、一躍メジャー・バンドへと成長を遂げました。


同じようなパターンとしては、ちょうど、ジェネシス [ Genesis ] とピーター・ガブリエル [ Peter Gabriel ] の関係が当てはまるような気がします。

ピーター・ガブリエルをリーダーとする玄人受けの第1期があり、その後、ピーターと入れ替わりでフィル・コリンズ [ Phil Colins ] が加入、そこから一気にメジャー街道をひた走ったため、フィル・コリンズ=ジェネシスというイメージの定着していますからね(笑)。


ジョン・フォックス在籍時代のウルトラヴォックスは、一言で言えば「ミュージシャンズ・ミュージシャン」的な存在で、商業的な成功こそなかったものの、玄人ウケだけは良かったようで、以降のニューウェイヴ系アーチストに大きな影響を与えています。

特に、本作『Systems Of Romance』の耽美的なエレクトリック・サウンドは玄人ウケが良く、ゲイリー・ニューマン [ Gary Numan ] やYMOなど、エレクトリック・ポップやテクノ系の大御所アーチストが、そこから受けた影響の大きさを語っています。

ゲイリー・ニューマンの「ボクが師と仰ぐのはジョン・フォックスだ」という発言や、YMOの2ndアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』制作時に、坂本龍一が細野晴臣に聞かせた本作の影響でベースラインを作り直したという話はファンの間では有名な話ですよね。

実際、ゲイリー・ニューマンの出世作となった『The Pleasure Principle』などは、音作りの意味で本作とかなり似たところがありますし、チューブウェイ・アーミー [ Tubeway Army ] 時代の作品は生音と電子楽器のバランスの点でも共通点を見つけることができます。

また、自ら語ってはいないものの、『Flesh + Blood』『Avalon』の頃のロキシー・ミュージック [ Roxy Music ] 、『Quiet Life』『Gentlemen Take Polaroids(邦題:孤独な影)』の頃のジャパン [ Japan ] あたりにも本作の影響を色濃く感じ取ることができるのではないでしょうか。

さらに、本作以降ソロとなったジョン・フォックスのアルバム『Metamatic』や『The Garden』『The Golden Section』『In Mysterious Ways』あたりが本作の延長線上であるのは当然のこと、ジョン・フォックスの抜けた第2期ウルトラヴォックスの『Vienna』『Rage in Eden』や、ヴィサージの『Visage』なども、本作で培った手法がベースになっていることは言うまでもありません。(ジョンのソロ2作目『The Garden』に「Systems Of Romance」というタイトルの曲が収録されていますが、本作の続編的な意味ではないようです。)

もし、まだ、本作を聴いたことがないという方は、ぜひ一度お聴きになって下さい。

上の私の文章の中に出て来たアルバムの中に好きなアルバムがあったという方なら、間違いなく買って損はしないニューウェイヴの金字塔的アルバムだと思います。


ちなみに、ジョン・フォックスは、現在もソロとして活動しており、『Cathedral Oceans』シリーズというかなりアンビエント寄りな作品を発表しています。

一方、ウルトラヴォックスの方は、通算9枚目となる86年の『U-Vox』を最後にミッジ・ユーロが脱退、以降はビリー・カーリーが中心となって存続するも、第2期ほどの人気を集めることができず、通算12枚目となる95年の『Future Picture』以降、実質解散状態となっています。

最近はこういった耽美的なヨーロピアン・エレクトリック・サウンドをウリにするアーチストが少なくなりましたが、個人的にはこの手のサウンドが最も大好物ですので、80年代のアーチストの作品を懐かしむだけではなく、新しいムーブメントとして復活してくれないかと切に願っております。

無理かなぁ…。


 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 80's New Wave Laboratory.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。